トップへ戻る

遅刻をしても怒らない彼氏の理由や心理3つ

遅刻をしても怒らない彼氏の心理や理由などについて

遅刻をしても怒らない彼氏って皆さんの彼氏さんや友達の彼氏さんでも少なからずいるのではないでしょうか?

 

私も彼女に少々遅刻されてもあまり怒らないタイプでした。

 

私や他の彼氏が怒らない理由や心理は後に説明しますけども、遅刻をされても怒らない彼氏って思ってる以上に多くいると思うんです。

 

みなさんはどう思いますか?

 

逆に遅刻すると怒ったり、明らかに機嫌が悪くなってしまう彼氏もいるのではないでしょうか。

 

まあ約束の時間を破ってしまってるわけなんで、彼氏に怒られても当然と思う方もいれば、それくらいの事で怒るって心が狭いと感じる方もいるのではないでしょうか。

 

まあ遅刻と言ってもたまにする程度と頻繁にするのではまた違ってきますけどね。

 

たまに程度かつ10分か20分程度であれば、そんなに怒りが沸いてくることはないでしょうし。

 

遅刻を頻繁かつ30分とか1時間以上遅刻するような彼女ですと、さすがに怒りを通り越して呆れてしまう彼氏もいるのではないでしょうか。

 

芸能人の話とかを聞くと2時間とか頻繁に友達を待たせているような方もいて驚きました。

 

でも待ち合わせ時間にきっちり行くというのが当たり前なのって日本だけのようです。

 

外国だと待ち合わせ時間を設定しても遅れてくるのって当たり前らしいですからね。

 

まあこれに関しては日本は日本の風習習慣なんで、外国がそういう待ち合わせ時間にぴったりこなかったとしてもやはり日本は日本って感じだとは思いますが。

 

それでは今回は、 遅刻をしても怒らない彼氏の心理や理由を3つほどあげて説明します。

 

 

過去に自分も遅刻をしてたか現在も遅刻してるから

遅刻して彼女を怒らしてしまった彼氏

 

遅刻をしても怒らない彼氏の心理や理由の1つ目は、今は遅刻する事はほぼないけども、過去の彼女と付き合ってた時に遅刻を結構してしまっていたり、または現在もたまに遅刻してしまってる場合はなかなか怒らない事が多いのではないでしょうか。

 

:やっぱり自分も遅刻してた、またはたまに今も遅刻してしまってるわけなんでそうなると彼女が遅刻したからってそれを責める権利がないという心理が働くのです。

 

自分も過去に遅刻してたか、今もたまに遅刻しちゃうわけだから当然ですよね。

 

自分も遅刻してるのに、彼女が遅刻した時に怒るとなるとあまりにも理不尽な態度なわけですし。

 

ただし、自分が遅刻した時に彼女が凄く怒ってしまった場合に後日彼女が30分とか1時間とか遅刻してきたとしても、怒らないほうが良いでしょう。

 

それだけ待たせても彼氏が怒らなければ、彼氏が今後遅刻しても彼女はあまり怒らないようになる可能性が高いからです。

 

彼女からしたら、あんなに待たせてしまったのに、全く彼氏が怒ってなかったら彼氏が遅刻した時に怒ってしまったことを少なからず後悔してしまうという心境になるわけですし、ちょっと心が狭かったかな?って考えたり恥ずかしい態度だったかな?とかって色々考えてるわけです。

 

そうなると、彼氏が遅刻しても今度は怒らないでおこうって心理が働くはずです。

 

で、そういう事を積み重ねて行く事でお互いおおらかになれてお互いデートの待ち合わせで遅刻しあっても全く気にならなくなってくるのではないでしょうか。

 

 

遅刻をしても怒らない彼氏の心理として人間は完璧ではないと悟っているから

遅刻をしても怒らない彼氏の心理や理由の2つ目は、人間は所詮ロボットではないし完璧ではないので遅刻することは普通に有り得る事だと悟っている彼氏もおります。

 

人間は完璧ではないので当然間違いを犯すわけですし、うっかり忘れてしまう事だって少なからずあるし当然寝坊してデートに遅刻してしまう事だって有り得る事だという事を心の底からわかってるのです。

 

このような彼氏だとたかが遅刻くらいってくらいにしか考えてないのではないでしょうか。

 

ただし、このタイプの彼氏はデートの待ち合わせに自分が遅刻してくることは殆どないのではないでしょうか。

 

基本的には人には優しく自分には厳しいタイプなのです。

 

ですから遅刻をしてしまえば人からの信用を失ってしまうと思ってるので、相手の遅刻は許しても自分は絶対遅刻しないのです。

 

それに自分のように相手の遅刻を許してくれる人ばかりではないって事も当然わかっています。

 

では、このような人間は完璧ではないし遅刻する事は有り得る事だと相手を許せる人になるにはどうしたらいいか?を説明します。

 

人間は必ず欠点のある生き物

 

人間は完璧ではないし遅刻する事は有り得る事だと相手を許せる人になるにはどうしたらいいか?ですけども人間は完璧ではないと説明しましたけども、完璧ではないってことは、⇒色白男はモテない事はないし条件が揃えばモテるの記事でも述べてますけどもそれは人間には必ず欠点があるという事を意味しています。

 

どんな人にも1つや2つ欠点があるのです。

 

ですから少々の欠点は許せる自分になるべきなんです。

 

もちろん自分自身を冷静に見た場合に、自分にだって欠点は必ず何点かはあるはずです。

 

ですので、恋人や友達の欠点の中に遅刻をしがちという部分があっても許してあげるべきではないでしょうか。

 

遅刻程度の事なら対したことないし、小さい事だなって考えるのです。

 

まあ欠点でも許されない事もありますけどね、例えば友達が何度も自分にお金を借りたけどもなかなか返してくれないような金に関わる事は許す必要はないです。

 

彼女に金の無心をされる彼氏

 

基本的に家族以外の者とのお金の貸し借りだけはしないほうが良いです。

 

やっぱりお金の貸し借りだけは、いくら人間は完璧ではないと悟れたとしてもなかなか割り切れない部分ですのでそういう場合は最初からお金は貸さないようにしましょう。

 

恋人や友人間とのお金の貸し借りは絶対にしないと決めてそこだけは絶対守るようにしましょう。

現在遅刻をしてなくても、今後自分もしちゃうかもと思ってるから

遅刻をしても怒らない彼氏の心理や理由の3つ目は、現在遅刻をしていなくても今後自分は絶対に遅刻しないとは限らないと思ってるからってのも理由の1つです。

 

そう思える理由として、回数的には少ないけども過去に遅刻してしまった経験がデートの時だけでなく友達はその他の待ち合わせであるので、いくら遅刻しないように気をつけても絶対遅刻しないってことは断言できないと思ってるのです。

 

遅刻しないと気をつけていても、遅刻が起こりうる例をあげるとデートの前の日に色々と忙しくて寝るのが凄く遅くなってしまって翌日の彼女との待ち合わせ時間にはまだ布団の中だったりする事が起こりうりますし、道が物凄く渋滞したりして待ち合わせ時間に遅れてしまったり、乗るバスが到着時刻より20分遅くきて待ち合わせ時間に遅刻してしまう事だった有り得るわけです。

 

これらは実際に私が経験したことなんですけどね(笑)

 

まあ待ち合わせ時間にまだ布団の中にいたってことは、今までに1回しかありませんが。

 

極端な例を出したかもしれませんが、それだけ遅刻するってことは起こりうる事なんで、相手が遅刻したからって怒らないほうが良いのです。

 

仮に彼女がデートの2回に1回は遅刻して、自分はデートの10回に1回しか遅刻しなかったとして自分のほうが遅刻回数は圧倒的に少なかったとしても遅刻したことに変わりありませんので、もうその時点で彼女が遅刻したからって自分も人の事は言えないと考えるべきです。

 

 

まとめ

遅刻をしても怒らない彼氏の心理や理由を3つあげて説明しましたけども、まとめると遅刻しても怒らない彼氏は気持ちがおおらかで人間は完璧な生き物ではないし、欠点は必ずあるわけなんで遅刻程度の事は対したことではないと考えてる方が多いですし、自分も遅刻しちゃうことは十分有り得る事だとわかっているってことです。

 

だからこそ怒る事はないのです。


【シェアする】

関連ページ

女性を少しずつ好きになる男性の特徴や心理
女性をゆっくり少しずつ好きになる男性ってのも存在します。一目惚れとか知り合ってすぐ好きになる人とは真逆なわけですが、女性を少しずつ好きになる男性に多い特徴や傾向やあるあるや心理など
友達や彼氏や彼女でも家に呼ばない人の理由3つや心理
友達や彼氏や彼女でも家に呼ばない人っておりますけども、そういう友達や彼氏や彼女でも家に呼ばない人の理由3つや心理など
彼氏作らないで遊ぶ事が好きな女性の理由や心理3つ
彼氏作らないで遊ぶ事が好きな女性を見てとっても不思議に思ってる方も多いのではないでしょうか。そういう彼氏作らないで遊ぶ事が好きな女性の理由や心理を3つほど紹介